Shujiworksリペア工房の修理に関わるあれやこれ
モノづくりをしている自分がする修理の意味。
モノを直して使い続けること と
モノを直して生きること。
永い目を持ち、小さくて大したことを知るそんな修理が
したいのです。

2016.06.06 Monday

オリジナルデザインのスパニッシュチェアの修理のお話。座面編(その2)

JUGEMテーマ:修理

前回のスパニッシュチェアの座面の続きです。

今回はベルト部分の修理を進めていきます。


<Before>

革のオイル不足と長年の使用により、ベルトが千切れてしまっています。
スパニッシュチェアのベルトは負荷が掛かりやすく、痛みが激しくなりがちです。



こちらも修理前ですが、まだ千切れるまでには至っておりません。
ですが、革一枚で作られているため、今後破損してしまう可能性が大きいです。

今回はすべてのベルトを新しく作り直すことなりました。


<After>

こちらが新しいベルトです。
もともとの革の色、雰囲気に合わせて革を選び、作りました。
3枚の革を重ね、強度を持たせてあります。


次に両端を繋ぐベルトのお話。
<Before>
表側                            裏側
 

ベルトには今のところ目立ったダメージはありません。しかし、こちらも革1枚で作られていました。
補強のため、裏から革を一枚貼りつけます。


<After>裏革を貼ったベルトです。




依頼品は特殊なカシメで留めてあったため、違和感の無いようカシメを加工して完成です。


座面の修理完成です。


ただ修理すればいいというわけではなく、依頼品の雰囲気を壊さないよう、このスパニッシュチェアを製作された方のことなど考えながら大切に作業させていただきました。

 

修理とはすべてを交換すればよいというわけではありません。持ち主の愛着のある革モノたちを別人にすることなく、出来る限り生かしこれからも長く一緒に居られるようにすることが大切と考えています。


shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分

 


2016.06.06 Monday

オリジナルデザインのスパニッシュチェアの修理のお話。座面編(その1)

JUGEMテーマ:修理


今回もスパニッシュチェアの修理のお話です。

・・・が、今回は違うデザインのものにお目にかかることができました。

こちらが今回ご依頼いただいたもの。
ベルト部分が本体と別のパーツです。             
 

 

 

 

 

ちなみによくご依頼いただくのはこちらのデザインです。

 

 

 

 


初めてのデザインとの出会いで、内心はしゃいでしまいました。

同じ用途でもいろいろなデザイン、作りのものと出会えるのが修理の醍醐味ですね。うれしい限りです。



ではしっかりと修理させていただきます。

こちらは全体の画像です。
<Before>                         
 

ベルトの千切れ、糸切れ、オイル不足による革の乾きなどなどすでに起こってしまっているトラブル、そして今後起こりうるトラブルを考慮し修理していきます。

<Before>

以前、修理されたような手縫いのあとも見受けられます。

今回のスパニッシュチェアも全体に独特の雰囲気があり、長期の使用によるいい味のあるものだと思いました。
その雰囲気を壊さないよう、慎重に作業を進めていきます。



<Before>
 

こちらは裏側の部分です。糸切れ、帆布のほつれ、革もめくれてしまっています。


<After>

こちらは修理後です。
革が一枚だった部分は新しい革を貼り強度を持たせました。
帆布のほつれトラブル防止のため、上から革を貼り、縫い付けてあります。
糸はすべてほどき、縫い直しました。

今回は革が一枚になっている部分にすべて新しい革を貼りました。



次回もスパニッシュチェアの続きを・・・。



shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分




 


2016.04.25 Monday

スパニッシュチェアのお話。2016

JUGEMテーマ:修理

今回の修理は、Nさまのスパニッシュチェアです。

これでNさまのスパニッシュチェアは3つ目となります。


修理品をお預かりし現状を確認します。

<Before>


ベルト部分が2ケ所千切れてしまっています。

長年の使用により、オイル不足で革が乾燥し,負荷がかかるところが破れてしまったと考えられます。



スパニッシュチェアの裏側です。


折れ曲がっている部分が体重を支える重要な部分。オリジナルは革一枚のみ。表面の革にひび割れあり。

現状の段階では裏面に破れなどのトラブルは起きていませんが、
表面のひび割れが進行し、今後内側にまで割れが進む可能性があります。

大切にされているスパニッシュチェア。これからも末永く生活の一部として使用できるようにオリジナルの良さを保ちつつ補強します。




<After>


ベルトの付け根部分まで乾燥が進んでいたため、ベルト製作は付け根部分を少し超えたところから製作します。

新しいベルトは裏革も張り合わせ強度を増します。オリジナルに近いベルトを製作することは可能ですが、今回もNさまのご希望でベルトはキャメル色です。


こちら修理後の内側です。




薄くよく揉んでしなやかにした革を生地部分からベルト部分にまで張り合わせ補強しました。

表の革の折り癖に沿って裏革を貼るので、表側(オリジナル部分)の負担を少なくし、違和感のない自然な仕上がりにします。



付属のベルトを取り付け、完成です。

これからも永く使っていただける直してもらったスパニッシュチェア☆

同じ方からのご依頼で3つ修理いたしましたが、同時期に購入したにも関わらず修理部分が同じじゃないところが面白いですね。

座り方や、設置されている場所にも寄るのでしょうか。







shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分





 


2016.04.25 Monday

革パンの修理のお話

JUGEMテーマ:修理
今回は革パンの修理?のお話です。

なぜ?か。

それはベルトループを直すのではなく、裾の一部を詰めそして詰めた部分を使用しベルトループを製作するからなのです。

始めはこんな感じです。

<Before>


こちら修理前の拡大図。

見ると、取れてしまったベルトループを修理された跡がありました。

外れかかったベルトループを手で縫って使用されていた感じです。

修理をすると修理履歴が見て取れるのでそれも修理の面白さのひとつです。




この革パンの裾はほぼ切りっぱなし作りのため、裾詰めは安易にすることができました。

切る → 縫われている部分がほつれないように補強も兼ねて縫い直す。

以上の工程でした。

詰めた裾の縫い糸を外し、その裾の革を使用しベルトループを作ります。

補強をし、より頑丈なベルトループを目指します。

ベルトループつけ直しに伴い、ベルトループの幅も広くしました。

そして製作したベルトループを革パンに取り付けます。5か所分。




<After>


新しいベルトループ製作し、革パンの縫いつける部分も補強しつつ縫い留めました。

幅広のベルトを通せるようにループを長くしてあります。

無事に修理完了です。 



お気に入りのモノ、思い入れのあるモノを直しながら出来る限り使う。

その気持ちをお手伝いでき嬉しくもあり、また修理をする意味を見出すことができます。

これからも誠心誠意、修理していきます。








shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分







 

2016.04.10 Sunday

鞄の修理のお話

JUGEMテーマ:修理

久しぶりの更新です。


今回は、壊れたファスナーを外し、新たにファスナーを取り付ける修理です。

こちらの画像、少しわかりづらいですが…
<Before>

鞄の口のファスナーが壊れてしまい、ファスナーが閉まらなくなったものです。パカっと開いております。

表革、裏地を傷つけないように、壊れたファスナーを外しました。



<After>

新しいファスナー取り付けました。

縫われている箇所以外に新たな縫い穴を開けると、穴の間隔が狭くなり、または穴が繋がってしまい切れる原因となってしまいます。

なので、もともとの縫い目に、一針ずつミシン針を落として縫っていきました。




shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分








 

2015.12.15 Tuesday

スパニッシュチェアのお話。

JUGEMテーマ:修理

少し前に、スパニッシュチェアの修理のお話を載せました。

今回はベルトの修理のお話しです。

スパニッシュチェア持っている方ってけっこういらっしゃるんですね!驚きです!

今回の修理箇所☆

三か所ベルトが切れてしまっています。

糸も所々切れているので、すべて縫い直します。

<Before>



切れたベルトの再利用はせず、新しい革を接ぎました。革が乾いていたため修理してもすぐ切れてしまう可能性あります。

使用するときに力がかかる箇所は同じ箇所。これからの使用に耐え、更に丈夫にするために裏にも革を張り合わせ補強します。

オリジナルの革色と近いものをご準備出来るのですが、今回はクライアントさまのご意向で違う革色をつかいました。




<After>

芯として貼られていた生地もノリが剥がれ、経年変化が多々見られましたが修理を機に新しい布を貼り直しました。


スパニッシュチェアは小物と違って、モノが大きいので縫い作業がなかなか困難。

しかし家具好きなのであれやこれやと最善の修理を考える作業は楽しかったです。






shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分






 

<< | 2/5PAGES | >>

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

links

profile