Shujiworksリペア工房の修理に関わるあれやこれ
モノづくりをしている自分がする修理の意味。
モノを直して使い続けること と
モノを直して生きること。
永い目を持ち、小さくて大したことを知るそんな修理が
したいのです。

2017.06.27 Tuesday

カービングトートバッグの修理、その後のお話。

JUGEMテーマ:修理

 

以前お受けした修理の鞄に、手作りのカービングバッグがありました。

 

おばあさまの手作りの鞄ということで、お孫さんから持ちいただきました。

 

こちらは、前回修理を終えて、お渡した時の鞄です。

 

遠目からはわかりませんが、「持ち手の革の厚みが薄いので、気を付けながら使ってくださいね〜」とお渡ししました。

 

なるべくオリジナルの革そのままで使用したい、というお気持ちとても分かります。

 

本体の鞄に色、雰囲気ともに一番合っていますし、何よりご家族の手作りは大事にしたいですしね。

 

とはいってもやはり使用してもらえなければ、鞄の役目が果たせません・・・。

 

 

今回もう一度お持ちいただいたもの。

<Before>

 

持ち手が切れてしまいました。
 

今回は思い切って持ち手の交換です。

 

 

<After>

 

オリジナルの鞄のベルトは細めの幅です。

 

強度を考慮して、少し厚みのある持ち手を選びました。

 

今後もまた大切にたくさん使ってもらえると思います。

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分


コメント
コメントする








   

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

links

profile