Shujiworksリペア工房の修理に関わるあれやこれ
モノづくりをしている自分がする修理の意味。
モノを直して使い続けること と
モノを直して生きること。
永い目を持ち、小さくて大したことを知るそんな修理が
したいのです。

2016.08.16 Tuesday

カービングトートバッグの修理のお話。

JUGEMテーマ:修理

 

今回はカービングトートバッグの修理です。

 

おばあさまの手作りのカービングバッグとのことです。

お孫さんから持ちいただきました。

存在感のある大きいのトートバッグです。

 

全体を写したの画像ではわかりづらいですが、

拡大して見ると革の破れ、色落ちなどが身請けられます。

 

<Before>

 

 

 

こちらは鞄の口の部分です。

使用する際、力がかかりやすい所なので、革ひもが切れてステッチがほつれてしまっています。

<Before>

 

 

<After>

 

革ひもが弱くなってしまっている所まで解き、ダブルステッチでかがり直していきました。

継ぎ目が見えないよう、強度も考慮しつつ、がかります。

 

 

 

 

お次は・・・

 

鞄の底の角の付近です。

角はどうしても使用中にダメージを受けやすい部分です。

革ひもだけでなく、本体の革も擦れてしまっています。

<Before>

 

 

 

<After>

 

こちらも革ひもをかがり直し、本体の革の擦れた毛羽立ちを抑え込みました。

染料を薄くいれて、違和感の無いよう仕上げました。

 

 

 

最後に・・・

 

持ち手の部分です。

 

使用する際の荷物の重みが一気に掛かってしまうパーツです。

もう少しで千切れてしまいそうです・・・

 

<Before>

 

 

 

<After>

 

今回は、思い切った提案をさせていただきました。

千切れてしまいそうな革の部分だけ切って、新しい革を巻いて、カシメで留めました。

長さを変えず、おばあさまの製作したものをできる限りそのままにする提案で、一緒に相談しながらこのような修理に至りました。

 

革色はご依頼者さまのご希望で、キャメル色です。

いいアクセントになりました!

 

 

 

 

最後に全体の画像です。

 

染料も全体に、違和感のないよう入れ、色止めもしました。

これで新しく生まれ変わりました!

 

 

革が擦れてしまったり、色落ちしていたりなど、

 

一番最初に作った時と同じに、元通りというのは難しいですが、

 

少しだけ手を加えてワンポイント足して、新しい気持ちでまた使えるのは嬉しいですよね。

 

大切なもの、思い入れのあるものをずっと使い続けられたら素敵です。

 

 

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分


コメント
コメントする








   

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

links

profile