Shujiworksリペア工房の修理に関わるあれやこれ
モノづくりをしている自分がする修理の意味。
モノを直して使い続けること と
モノを直して生きること。
永い目を持ち、小さくて大したことを知るそんな修理が
したいのです。

2018.10.22 Monday

ボディーバッグのベルトのお話。

JUGEMテーマ:修理

 

今回は、ボディーバッグのベルトを長くするため、付けたしのベルトを製作します。

オリジナルのものがこちらです。

 

 

 

 

こちら本来の長さです。

<Before>

 

 

なるべく近い色の革で、長さを足します。

角カンと呼ばれる金具で、元のベルトにつなぎます。

<After>

 

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分

 


2018.08.12 Sunday

リュックの修理のお話。

JUGEMテーマ:修理

 

今回は、リュックの修理です。

 

 

ベルト押さえの生地が破れております。4か所を革の押さえに付け替えます。

<Before>

 

 

 

ご依頼者さまのご要望でキャメルの革に付け替えました。

個性的で、良い感じです。

<After>

 

また使い込まれる内に、革の色も変わっていくと思います。

どんな風に育つのか楽しみです。

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分


2018.06.01 Friday

もひとつ、カゴバッグの修理のお話。

前回のカゴバックと一緒にもう一つ、カゴバッグをお預かりしました。

 

今回は四角いカゴです。

 

 

こちらのカゴもショルダーバッグとして持てるようにとの事ですので、ベルトを取り付けます。

 

<Before>

 

 

シンプルに、直接カゴに縫い付けました。

カゴ本体が痛まないよう、今後使っていく内にカゴが切れてしまわないよう、縫い穴は編みの間のスキマに針を差し込んでいきます。

<After>

 

夏にぴったりの可愛らしいカゴバッグのお話でした。

 

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分


2018.06.01 Friday

カゴバッグの修理のお話。

JUGEMテーマ:修理

 

こちらの可愛らしいカゴのショルダーバッグの修理のお話です。

一見トラブルはないようですが・・・

 

 

拡大すると・・・

革ベルトがちぎれてしまっております。

今回はこちらを修理です。

 

<Before>

 

 

<After>

 

今回はご依頼者さまの希望で、革は一枚。裏面にはあて革をしていないので、縫ってはおりません。

 

オリジナルの革より少しだけ厚い革を使用しております。

 

床面(革の裏側)はトコノールという、繊維の毛羽立ちを抑えるものを塗布しました。

 

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分

 

 


2018.05.04 Friday

ベルトの長さ調製のお話。

JUGEMテーマ:修理

 

今回は、ベルトを短くカットするご依頼を頂きました。

 

こちらのベルトを数センチ短くします。

<Before>

 

 

ベルトが編み込まれたものなので、ほどけないようテープで固定します。

 

 

 

金具部分を取り付け直します。すでにあいている穴に手縫いで縫っていきます。

<After>

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分


2018.03.22 Thursday

帆布の鞄にパーツをちょい足しのお話。

JUGEMテーマ:修理

 

鞄と一口にいっても、革で作ったもの、生地で作ったもの、紙や使用済みのタイヤで作ったものなどなど。

 

とにかくいろいろな素材で作られておりますね。

 

今回は帆布の鞄に、革のパーツを取り付ける異素材のコラボレーション。

 

「帆布×革」帆布の厚みや加工や色の組み合わせも、無限で楽しい組み合わせだと思います。

 

 

 

<Before>

 

ショルダーバッグとして使えるよう、根革を取り付けます。

 

オリジナルの鞄の雰囲気に合わせて、縫いのピッチを広めにしました。

そしてリベットも取り付けます。

 

<After>

 

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分


2018.01.15 Monday

駒縫い財布のオーダーのお話。

JUGEMテーマ:修理

 

修理の合い間のオーダーのお話です。

 

「この財布と同じものを作ってほしい」と使い込まれた財布を預かり、製作しました。

 

以下、完成したものです。

 

 

 

冠を開けると、小銭入れ、お札、カードも入る仕様になっております。

 

 

 

「駒縫い」と呼ばれる手縫いの技法を使っております。

革と革が立体的になるように縫っていきます。

 

手縫いはshujiworksの得意分野なので、張り切って作りました。

 

 

今回の財布は冠(フタの部分)と小銭入れの部分の寸法を計算しながら型紙を作っています。

寸法が合わないと、冠が閉じられなくなってしまうのです。

 

 

御依頼者さまにも気に入っていただけたようで、一安心です。

永くたくさん使って頂けるとうれしいですね。

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分

 

 

 

 


2017.10.22 Sunday

鞄の「擦れ」の補修のお話。その2

JUGEMテーマ:修理

 

久しぶりの投稿ですね。

また少しずつ載せていきたいと思います。

 

 

 

使っていく内にどうしてもダメージを受けてしまう鞄。

 

端っこや角は擦れて色が落ちてしまうこともありますね。今回はワインレッドの革の鞄です。

 

まずは全体の画像です。擦れるとどうしても角が薄い色になってしまいます。

<Before>

 

 

 

こちらは色を入れた後のもの。

ちょっとわかりづらいのでこの後、もっとクローズアップした画像をのせます。

<After>

 

 

 


こちらは、鞄の角部分です。

<Before>                     

 

 

 

オリジナルの色の邪魔をしないよう色を慎重に選びます。

新しく塗った部分が「はい!塗りました!!」と主張しないようさりげなくです。

<After>

 

 

 

こちらは冠(かぶせと呼ばれるフタ部分)と根革付近です。

<Before>                                                              

 

 

<After>

 

 

 

お気に入りの鞄、使いやすい鞄はどうしてのダメージを受けてしまうもの。

 

直しながら、大切に、永く付き合っていけるのいいですね。

 

 

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分

 

 

 

 


2017.08.22 Tuesday

スパニッシュチェアのベルトオーダーのお話。

JUGEMテーマ:修理

 

今回はオーダーのお話です。

 

ありがたいことに、スパニッシュチェアの修理を依頼していただく機会が増えました。

 

今回はチェア本体ではなく、ベルトのオーダーをお受けしました。

 

こちらはオリジナルのベルトです。

このベルトになるべく近づけるよう、革やベルト金具を探して作ります。

 

スパニッシュチェアに使用するベルトは大概が3本で1セットです。

 

 

 

というわけで、3本製作しました。

 

 

御依頼者さまに革、ベルト金具、カシメなど候補をいくつか提案し、選んでいただき製作しました。

 

オリジナルのベルトは革1枚ですが、今回は強度を考慮し、2枚仕立てなっております。

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分

 


2017.08.08 Tuesday

グレーの鞄のファスナー交換のお話。

JUGEMテーマ:修理

 

前回、鞄のファスナー交換のお話をしました。

 

今回もファスナー交換についてです。

 

<Before>

 

ファスナーの生地に連なってついている小さなパーツをムシといいます。

 

今回の鞄はムシがとれてしまっています。

 

 

<After>

 

オリジナルの鞄のファスナー生地は黒色ですが、「こげ茶もいいね!」というご要望で、

 

今回はこげ茶色を採用しました。

 

オリジナルの鞄のについていたスライダーはそのまま使用したいということで、

 

ファスナー本体は新しく、スライダーは今までお使いのものを取り付けました。

 

 

 

shujiworks repairs工房
シュージワークス リペア工房
革小物修理 革もの修理
革の財布修理 革手袋修理
革のバック修理 革のベルト修理
革のショルダー修理 革のトランク修理
革のパンツ修理 革靴修理
革ジャン革ジャケット修理

 
shujiworks手縫い革教室
手縫いの鞄教室
レザークラフト教室
東京都中央線国立駅 徒歩7分


| 1/4PAGES | >>

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

links

profile